ネイリストの資格≪通信講座≫

特別な才能も能力もない「普通の大人」はどのように夢や目標を持てばいいのでしょうか。
今回は『お母さん、明日からぼくの会社はなくなります』のの秘訣を伺いました。その後編をお届けします。
「転職を成功させるには資格が必要」ということが世間では言われています。
ですが実は資格は100%必要というわけではありません。
もちろん、転職を希望する業界や募集条件によっては必要となる資格はあります。
学生やビジネスマンのみなさんには次のように焦るひとも多いことでしょう。
「資格がなければ就職もままならない……」
「転職するには○○の資格を取らなければ……」
「昇進するために△△の資格が必要……」
「起業するにしても□□の資格がないと顧客に信用されないのでは……」
それらはすべて取り越し苦労です!
ネイリスト 資格

民間資格

大きく分けて、(1)国家 (2)公的 (3)民間 の3種類があります。


ひと口に「資格」といっても、社会的な必要性や取得プロセス、認定省庁・団体等により様々な種類があります。資格を認定する側から分類すると3つに分けられます。まず、国が資格を認め、法律でその根拠が明確に定められているのが「国家資格」。「公的資格」は、公の制度に基づいて諸官庁などが審査基準を認定しているもので、国家資格に匹敵するほどの効力がある場合も。最後が民間団体が任意に認定する「民間資格」。社会情勢に対応するため、関係業界が創設するケースが多いです。

「自分にはアピールできる強みがない」(40%)という誤解・思い込みでした。
これは、一番目の「資格やスキルを?」との関連性が見えてきます。「自分には(転職成功するための)強みがない。だから資格を取ってアピールしよう!」と考える人が多いということでしょう。

新たなネイルの分野

しかし、多くの人が資格を取得しただけで満足してしまうのではないでしょうか?
資格確かに、新しく仕事を見つけるには多少は有利かもしれません。
しかし、その分野での経験値がゼロの状態では、資格の効果も充分に発揮できません。
新たな分野に挑戦する人は、全員がその資格を持っているということを
常に頭の片隅に置いておくことが必要なのです。

愛知学校

(愛知県)

パンフレット

Copyright © ネイリストの資格≪通信講座≫. All rights reserved.